1、ポイントメイクを落とす
マスカラ・アイライナー・アイブロウ・口紅を専用のクレンジングでしっかり落としておきます。
1度に落とそうとすると、マスカラなどが広がり色素沈着の原因になってしまいます。
なので、綺麗に落とすためにも最初にしっかり落として起きましょう。
ゴシゴシし過ぎない様に注意しましょう。

 

2、クレンジング剤を顔に乗せていく
顔全体(目元口元以外)にクレンジング剤を広げます。
そして、少しなじませます。
そうすることでメイクが浮き、落としやすくなります。

 

3、ぬるま湯(32〜34℃)ですすぐ
この温度を守るようにしましょう。
高すぎると皮脂を流しすぎてしまい乾燥してしまいます。
逆に低いとクレンジング剤が落ちにくいので、この温度を守るようにしましょう。
しっかりクレンジング剤は肌に残ると良くないのでしっかり落としましょう。

 

 

 

1、ぬるま湯で顔を濡らす

 

2、石鹸をしっかり泡立てる
ネットを使うとしっかり泡立てることが出来ます。
キメの細かい濃密な泡を作りましょう。
しっかり泡立てずに肌に付けると泡が肌に残らずに落ちてしまい汚れが落ちにくくなります。

 

3、泡で洗う
顔と手の間に泡の壁を作るようにします。
その泡で優しく顔を洗いましょう。
顔の中心から、外側に向かって円を描くように洗います。
泡は肌に乗っているだけでも汚れを落としてくれるので、ゴシゴシしなくても良いのです。

 

4、ぬるま湯で洗い流す
ぬるま湯で泡をしっかり洗い流しましょう。
洗い残しはトラブルになります。
しかし、すすぎ過ぎも油分を取りすぎてしまうので気をつけましょう。

 

5、タオルで水分を吸い取る
顔の水分は拭取ると言うよりは、タオルで吸い取るように優しく肌におきます。
ゴシゴシと吹かないように気をつけましょう。

 

 

 

1、化粧水をつける
化粧水を手のひらに500円玉程の量を出し、それを顔になじませていきます。
この時に擦ったりしないことが大切です。
化粧水を押し込むように優しくなじませて下さい。
手が肌に吸い付く感じになるくらいまでなじませて下さい。
コットンパックもおススメです。

 

2、美容液をつける
美容液を2〜3滴ほど出し、目元や口元などの気になるところを中心になじませましょう。
あまりゴシゴシしすぎず、優しく擦るようにしましょう。

 

3、乳液orクリームをつける
乳液もクリームも役割は一緒です。
肌が乾燥するのを防ぎます。
乳液とクリームの違いは含まれる油分の違いです。
クリームの方が油分が多く含まれています。
自分の肌に合ったものを選びましょう。